ソーシャルメディアポリシー

《基本方針》

 このポリシーは、NCS&Aのソーシャルメディア公式アカウント運営において遵守すべき姿勢や振る舞い、基本マナーを定めるものです。
 社員個々人が自主的にソーシャルメディアに参加・利用し意見を述べる場合にも、本ポリシーの理解及び法令等の遵守を求めます。

  1. インターネットへ情報発信する際は、法令やNCS&Aが定める内部規程を遵守し、発信する情報に責任をもちます。
  2. あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、一度発信した情報は、世界中に広がる可能性があり、消すことができないことを理解します。
  3. 個人の発言がNCS&Aの評価となり得ることを理解し、相手の発言を傾聴する姿勢をもち、責任ある行動を常に意識します。
  4. ソーシャルメディアの特性を生かした情報発信により、NCS&Aとステークホルダーの信頼関係が強固になることを目指します。
 

《公式アカウント運用 ガイドライン》

  1. 会社を代表していることを自覚する
    企業を代表して発言することの影響の大きさを自覚する。
  2. 透明性の高いコミュニケーション
    透明性を保ち、不正やウソのない誠意あるコミュニケーションを図る。間違ったら誤りを率直に認め、発言を訂正するときは、訂正をしたことを明記する。
  3. 取引先への配慮
    特定の企業、商品、人物を評価するときは、その評価によって取引先に不利益が生じないように配慮する。
  4. 正確性の追求
    伝聞や推測に頼らず、正確な情報を発言する。不確かなことは関係者に確認し、少しでも疑問があれば発言しない。また、情報源はできるだけ明示する。
  5. 迅速な対応
    コメントなどへのフィードバックには、迅速かつ真摯に対応する。タイムリーなコミュニケーションを心がける。
 

《良識ある一個人としての心構え》

  1. 誠実で責任ある言動
    常識に基づいて、誠実な態度でソーシャルメディアに向き合う。批判を受けるようなことがあっても、感情的に反論することは控える。
  2. 各種法令の遵守
    著作権や肖像権など、第三者の権利を侵害しない。プライバシーを保護する。誹謗中傷やスパムなど、相手の迷惑になることは行わない。
  3. 社内規則の遵守
    就業規則、コンプライアンス行動基準、個人情報保護方針等は、オンラインでも適用されることを認識する。
  4. 機密情報の保護
    NCS&Aおよび取引先(お客様、取引先など)の機密情報は投稿しない。業務で知りえた情報のうち、世の中に公表されていない情報は機密情報にあたる可能性が高いことを認識する。
  5. 慎重に
    限定的に共有したつもりの情報でも、転送やリンクによって広まってしまう、またそれが永久に消えないという可能性がある。投稿ボタンをクリックするときは慎重にする。

以上

NCS&A株式会社
代表取締役社長 辻 隆博

制定:平成23年11月1日