ワークライフ・バランス

NCS&Aは、多様な価値観をもつ優秀な人材を惹きつける活力ある企業風土、男女を問わず育児や介護と仕事を両立しながら社員がその能力を最大限に発揮し活き活きと働くことができる企業風土、そして組織が健全な成果をあげ、社員が仕事を通じて大きな喜びを得られる環境づくりを推進しています。

img_worklife.jpg

ダイバーシティ推進活動

NCS&Aでは、社員のワークライフバランスを向上させるために、働き方や職場環境をより良くする取り組みを進めています。取り組みの一つとして「女性活躍ワーキングチーム」が2015年より活動を開始しています。

女性が結婚や出産、育児というようなライフイベントを経験しながらも、長く働き、仕事で活躍し続けられるような環境を目指し、様々なテーマについて検討しています。

2016年3月には、大阪市より「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」に認定されました。大阪市の女性活躍促進事業(女性活躍・登用に積極的な事業者を認定する事業)の趣旨により、女性がのびのびと活躍できる、女性にとって魅力的と感じられる企業であると認められました。

次世代育成支援の取り組み

厚生労働省より「子育てサポート企業」として「くるみん」の認定を受けています。
「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定し、一定基準を満たした企業が申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けられる制度です。

くるみんマーク

仕事と介護の両立支援の取り組み

NCS&Aは、2021年1月に「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進に取り組むことを示すシンボルマークとして厚生労働省が作成した「トモニンマーク」を取得しました。

従業員が安心して長く働き続けることができるよう、仕事と介護を両立しやすい職場環境の整備に取り組みます。また、その活動を通じて介護離職を防止するための社会的気運の醸成を図っていきます。

トモニンマーク
TOPに戻る