人材育成

新人研修の様子

 

初めて学ぶことばかりだったにも関わらず2ヶ月でシステムを構築できる技術を身につけることが出来たのは、綿密な研修スケジュールがあったからだと思います。文系だった私にとっては、どのカリキュラムも非常に充実した内容で勉強になりました。実際に現場に配属されて、必要とされる知識の基本的な部分は、この新人研修でかなり学ぶことが出来ていると感じています。また、新入社員同士お互い協力しながらもそれぞれ良い競争相手として集中して研修に取り組むことができ、とても良かったです。

社会人としての基本的な事項からSEとしての基礎能力を学ぶことができました。講師の方々が親身に知識や技術を教えてくださったので、とても満足しています。講師の方々を自分が成長するための目標として定めることで具体的に何を学んでいけばいいのかわかったと思います。

ビジネスマナー研修では、それまであまり気にしていなかった挨拶や、礼の仕方などの大切さを学びました。今後も社会人の基本となる部分なので、この研修を通じて学ぶことができ、大変良かったです。技術研修では、毎日の積み重ね、自分から学んでいく姿勢が重要だと感じました。不明点があれば、後回しにせず、その場で解決するという考えが身に付きました。

集合教育中のカリキュラムを通して、配属後に実際の業務にあたる上での(プログラミング等についての)考え方を身につけることができました。また、システム開発の製造過程を経験できましたし、コミュニケーションの重要性も知ることがことができましたので、非常に良いカリキュラムであったと感じています。

私は現在 VB.NET を勉強していますが、新人研修で学んだ Java や SQL の知識が非常に役に立っていると実感できます。Java と VB.NET ではまったく違う言語かもしれませんが、効率的なアルゴリズムを考える部分やメソッドの作成、変数設定、IF文、繰り返し処理などの考え方は全く一緒だと思います。プログラミングの概念は基本的にどの言語も一緒だと思うので、研修での経験を活かして得意分野を作っていきたいと思います。

集合教育でのプログラミングの経験は、営業として、自分が所属する会社の商品がどのように製作されているのか、また、技術者がどのような仕事をしているのかの一部を体感することができたので、大変実のあるものだったと考えています。また、同期同士の貴重な触れ合いの時間を用意して頂いたおかげで、現在も仲良くお互いを高めあっています。

技術的な知識不足を補充する新人研修は、技術のみならず、社会人としての気構えや職場という環境に初めて身を置く私たち新入社員が、会社に慣れ親しむことができるような時間でもあったと思います。カリキュラムとしては申し分ありません。

実業務に入る前に、技術面以外の知識についても学ぶことが出来ました。心構えやマナー、書類の書き方や話し方等は、個人ではなかなか学習し難い知識だと思うので、集合教育で学習できたのが良かったと思います。