先輩紹介

NCS&Aへの入社を決意したポイント

 

NCS&Aは1つの分野だけに特化しているのではなく、幅広く様々な分野のシステムを手掛けているので、自分の可能性を探ることができそうだと感じました。また、社員の方々の対応や雰囲気がとても良かったという点も、NCS&Aへ入社しようと決心したポイントのひとつです。

実際にシステムを開発するという実践的な研修に惹かれたこと、雰囲気が良く自分に合っていると感じたこと、幅広い業種のシステム開発に携わっているのでそれらの業種の知識を身に付けられると感じたところです。

社員の方の人柄や朗らかさです。本社でお会いした社員の方に「どうしたの?」「何か困ったことある?」と声をかけていただいたことや、面接で気負うことなく自分らしさを出せたこと、それらのことからNCS&Aに入社すれば自分らしくのびのびと行動でき、周りの方々とも良い関係を築けるのではないかと思いNCS&Aに決定いたしました。

経験を考慮せずに職種に対する知識だけで『やりたい仕事』は何なのかと考えた結果、最終的にNCS&Aのシステムエンジニアの仕事をしたいと思いました。とはいえ、文系出身の私にとって経験が無いことは不安でもあります。しかし、NCS&Aには入社時からの充実した教育体制があるので、その不安を跳ね除けて早く一人前になるための勉強ができるだろうと思いました。また、幅広い顧客層を持つNCS&Aならば、学校やアルバイトで得た経験を活かせる機会、または伸ばせる機会もあるかもしれないと思いました。

説明会や選考で会社を訪れた際、社員の方とすれ違ったときに、「こんにちは」や「お疲れ様です」と声をかけていただき、会社全体に温かい雰囲気を感じました。他社では感じることのできなかった社員の皆さんの和やかな空気によって入社を決意しました。

私は就職活動を通して、世の中のために、自分のために働きたいと強く感じました。就職活動中はたくさんの会社を訪問しましたが、この2点に関して強く訴えかけていたのがNCS&Aでした。また、私の質問などにも熱心に耳を傾けてもらえていたことが最も印象に残ったので、NCS&Aに入社することを決定いたしました。

企業としてのシステム提案の考え方が、自分の考えと即したものであり、NCS&Aが力を注いでいる教育体制のもとで自分を成長させて、NCS&Aと自分の理想を実現して行きたいと感じたからです。