電子署名システム〈サインシェルジュ®

電子署名システム〈サインシェルジュ〉

社内業務のDXは、脱ハンコ・ペーパーレスから

 

サインシェルジュを取材していただきました!

ダイワボウ情報システム株式会社様より取材していただき、
「PC-Webzine “from DIS”(2022年04月号)」にてサインシェルジュの記事が掲載されました。
https://www.pc-daiwabo.co.jp/from_dis/2204_3.html

サインシェルジュとは

サインシェルジュとは、コロナ禍において推進される脱ハンコ・ペーパーレス化を実現するため、各文書のデジタル署名を、当社のブロックチェーン技術で保管管理し、文書の非改ざん性・管理統制を強化した電子署名システムです。
また、文書に認定タイムスタンプを付与する機能も持ち、電子帳簿保存法における「スキャナ保存」へ対応します。

製品紹介動画

主な特徴

サインシェルジュは、文書の電子化を安全・確実に行うシステムです。
文書の改ざん耐性を高めるために、2つの機能を持ちます
・電子署名作成しブロックチェーンに保管する機能
・認定タイムスタンプを付与する機能
押印を伴う見積書や発注書などの監査や内部統制の対象となる文書の
電子帳簿保存法に対応します。

主な特徴イメージ

認定
タイムスタンプ
付与機能

保存する文書に、証明できる「時間」を電子的に記録し改ざんを防止できる機能です。文書の信頼性を、時刻認定事業者によって発行される電子証明書が保証します。

電子署名作成

ブロックチェーン
管理機能
保存する文書の電子署名を作成し、ブロックチェーンにひも付けて管理することで改ざん耐性を高めます
また、文書の改ざんチェックを行うこともでき、文書保管のレベルも高めます

 

キー情報の埋め込みでさらに便利に!?

ファイル名に日付や取引内容、金額などを記載すれば、検索は容易になる一方で、ファイル名が分かりにくく、運用負担が大きいものになります。サインシェルジュは、ファイルに対してキー情報を埋め込むことが可能です。これによりファイル名を変えることなく絞り込み検索が可能となり、ファイルの改ざん防止だけでなくデータを利活用することも可能です。

 

利用形態

サインシェルジュは、オンプレ型のシステムです。
他社サービスのような、クラウド環境へアップロードを行い押印・署名するシステムと違い、セキュリティを意識する重要な文書でも安心してご利用いただけます。

 

※〈サインシェルジュ〉は、NCS&A株式会社の登録商標です。
※その他、記載している製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

資料請求・ご質問・お問い合わせ

詳しい資料のご請求や、まずは相談したい場合などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る