ブロックチェーンとは

概要

ブロックチェーンとは、広義の分散型台帳のことで「Bitcoin(ビットコイン)」を構成する中核技術の一つです。
P2P(Peer to Peer:ピア・トゥー・ピア)ネットワークの参加者がお互いに取引履歴を共有し、その取引履歴をお互いに監視するしくみになっています。
これにより、信頼性を担保し、データ改ざんを防ぐことができます。

特徴

ゼロダウンタイムの実現

クライアントサーバ型(中央集権型)のシステムと異なり、P2Pネットワークの参加者が等しくデータを保有しているため、ある参加者に異常が発生してもシステム全体としては、機能し続けることが可能です。

優れた改ざん検知

P2Pネットワーク上のある参加者の取引履歴が改ざんされても、他の参加者と整合性が取れなくなるため、改ざんの検知に優れています。
 

【P2Pネットワークとブロックチェーン】

bc_P2Pnw.png

弊社では、これらの特徴をふまえて、ブロックチェーンを「対等な複数の組織が、信頼してデータを共有管理する仕組み」ととらえています。

 
※図表に使用されているアイコンは、icons8が提供元です。
※記載されている会社名や商品名は、各社の商標または登録商標です。
 

資料請求・ご質問・お問い合わせ

詳しい資料のご請求や、まずは相談したい場合などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る