可視化ソリューション

情報システム部門の開発・保守業務においては、プログラムなどの膨大なシステム資産の管理がたいへん大きな負荷となります。散在するシステム資産に関する知識やノウハウは属人化しがちで、ドキュメントも徐々に実態とかけ離れた状態へと陳腐化していきます。

しばしば手作業で行われているシステム資産の把握・計測・影響分析をツールによって大幅に自動化し、可視化(“見える化”)することによって、単に作業を効率化し、コストを削減するだけではなく、いままで見えていなかったもの・ことを浮かび上がらせるのが、NCS&Aの可視化ソリューションです。

こうした可視化のノウハウは、マイグレーションや保守・運用など、既存システムの把握・分析が必要なあらゆるシーンで威力を発揮します。

見える化によるコスト削減なら ムダなシステム資産の計測なら マイグレーションによるコスト削減なら IBMi(AS/400、SYSTEMi)の可視化、影響分析なら システム保守 / 運用サービスなら