The 確定申告 国税連携システム Ntax

確定申告支援システムとスムーズに連携し、課税事務の運用をサポート/オプション機能から受取った確定申告電子データ(e-Tax分及びKSK分)に住民税(県民税)で必要な項目を付与して各団体様の住民税(県民税)システムに課税データを受け渡すシステムです。

平成23年の当初課税より確定申告の電子データ(e-TAX分及び、KSK分)が国税庁よりeLTax経由で各自治体に配信されます。それに伴い、従来紙ベースで住民税の当初課税用に処理していた確定申告データの処理方法が大きく変わり、各自治体は現行業務の見直しが必要となってきます。
The 確定申告 国税連携システム Ntax は、これらの業務見直しに要する自治体職員の負担軽減と住民税当初課税に要する一連の事務作業の効率化、基幹系業務システムとのスムーズな連携を目的としたシステムです。国税庁からeLTAX(エルタックス)経由で各市町村へ送信される所得税確定申告書データを取り込み、確定申告書第2表の反映を行いパンチデータとして現行の個人住民税システムに出力します。

 

The 確定申告 国税連携システム Ntaxの位置づけ

The 確定申告 国税連携システム Ntaxは、オプション機能から受取った確定申告電子データ(e-Tax分及びKSK分)に住民税(県民税)で必要な項目を付与して各団体様の住民税(県民税)システムに課税データを受け渡すシステムです。

 

The 確定申告 国税連携システム Ntax 運用イメージ

The 確定申告 国税連携システム Ntax の製品概要

  • 確定申告電子データ化(e-Tax分及びKSK分)に対応する上で必要な機能を実装
  • 自治体の規模別価格帯の設定
  • ホスト連動をサポート
  • 複合提案対応が可能

The 確定申告 国税連携システム Ntax の特徴

  • 大量の連携データを効率的に処理し、当初課税事務の運用をサポートします。
  • 連携された申告書データの確認と第二表の補完(申告書第二表の完全入力もしくは付表入力)を行う画面を提供します。
  • 一部自治体で導入済みの[確定申告書支援システム]との連携機能により、このシステムで受けた申告データを名寄せ管理します。
  • 連携された申告書データの名寄せ・履歴管理を行うことで、住民税課税根拠となる最終の申告データをシステムで判別し、個人住民税システムに引き渡します。
  • 一部自治体で導入済みの[課税資料ファイリングシステム]との連携機能により、従来の紙ベースの資料と国税連携された電子イメージデータを名寄せ・総括管理できるようにします。