医療用データマネジメントシステム〈Claio〉

1モダリティの画像管理から、院内全体の統合データ管理まで Claio

Claio(クライオ)は、株式会社ファインデックスが独自に開発した医療用データマネジメントシステムです。
紙カルテレス化を行う過程で取りこぼされやすい画像やデータを効率よく管理し、さらに価値ある利用を行う為の機能を搭載しています。

 

特長

データの一元管理

多数の検査機器との接続実績があり、画像サマリ機能にて一人の患者さんに対する情報を全科共通で俯瞰的に見ることが可能です。

データの一元管理

 

インフォームドコンセントに貢献

撮影した画像をすぐに診療に使用することが可能です。
画像上への手書き機能を使用することによって、視覚的に症状を説明することが可能なため、強力な診療支援ツールとしてご活用いただけます。

インフォームドコンセントに貢献

 

電子カルテとの連携

電子カルテに画像を送信すると、プログレスノートに文字列やサムネイルが表示されます。また、プログレスノートに貼り付けされた画像から、ファイリングシステムの該当画像が開きます。

 

電子カルテとの連携

 

カンタン操作、サクサク動作

手書き入力やドラッグ&ドロップでの操作など、直感的な操作性を重視したインターフェイスを採用しています。
また、高速データベースを採用しており、大量の画像を瞬時に表示し、ストレスなく業務を行うことが可能です。

 

カンタン操作、サクサク動作

 

電子保存の三原則を担保

Claio(クライオ)は、全ての操作記録を保存し、データに対する操作情報を再現性を保った状態で全て保存しております。
保存されているデータはシステム停止時にも参照可能な状態で提供いたします。
また、システム構成としてクラスタサーバでの構成、DBミラーリングでの構成に対応しており柔軟なシステム構成が可能です。

 

関連ソリューション

診療記事記載システム C-Note

電子カルテのテンプレート機能だけでは十分なカルテ記載が難しい診療科におけるカルテ記載の問題を解決するシステムです。
特に、眼科・耳鼻咽喉科・産科といった自科検査の多い診療科においては、紙カルテイメージで自由に画像・数値・文字列等を配置しストレスなく診療記事を記載することができます。

 

紙・デジタル文書管理システム C-Scan

紙文書に加え、文書作成システムや部門レポートなど多様化する院内ドキュメントを統合管理することができるシステムです。多数の外部システムとの連携機能や様々な参照機能により、院内の文書ポータルとしてご利用いただけます。

 

文書作成システム DocuMaker

専門知識を要することなくユーザー自身が簡単に書式を作成し、システムで記載することのできるシステムです。書類記載時には、過去文書情報や他システムの情報を連携して効率的に記載が行えます。また、記載した内容はデータベースで管理されるので、統計・解析・検索など様々な用途に二次利用することができます。

 

【導入実績・関連商品のご紹介ページ】
⇒〈Claio〉導入実績紹介
⇒ 電子カルテシステム〈MegaOak-MI・RA・Is /AZ〉
⇒ 医療事務システム〈MegaOakIBARSV/LT〉

 

※「Claio」、「C-Note」、「C-Scan」、「DocuMaker」は、株式会社ファインデックスの登録商標です。
 株式会社ファインデックスの Claio 紹介ページ

 

お問い合わせ

ご不明な点や、詳しい説明が必要な場合など、まずはご連絡ください!  

フォームでのお問い合わせ