• PROJECT STORY
  • プロジェクトストーリー「REVERSE PLANET」
  • プロジェクトストーリー「お客様の声」
  • COMPANY
  • 数字で見るNCS&A
  • 教育研修・福利厚生
  •  
  • ホテルで働く人たちを
    システム面から支えるやりがいと誇り
    技術職入社4年目

顧客であるホテルへの貢献が
宿泊客の満足度向上につながる喜び

新しいことに挑戦するのが好きなので、就職活動は、技術革新が早く、常に新しい知識を身に付ける必要のあるIT業界に絞り、大学で学んだ観光学、ホテルでのインターンシップ経験を活かせることから当社を志望しました。現在、ホテルシステムの操作説明、テスト、本番の立ち合い、運用・保守などに携わっています。ホテルに泊まるときは、宿泊客目線でチェックイン・アウト時の人の流れ、混雑する時間帯などを観察するチャンス。私の気付きをきっかけに自動精算機の導入を勧めたこともあります。”顧客であるホテルへの貢献が宿泊客の満足度向上につながる”まさにこれが私にとっての喜びであり、この仕事の醍醐味だと思います。

導入の実績が私の武器
要件定義に関わることで得た新たな自信

システム導入における顧客とのやりとりを通し、折衝力、コミュニケーション力を培ってきました。さらにステップアップしたいと思っていた矢先、初めて要件定義から関わることになりました。その顧客案件は、女性客をターゲットとするホテル。チェックイン時にアメニティを提供しており、そのデータを活用したいというご要望を直接お聞きし、資料準備に10日間、機能やカスタマイズの説明に2時間を費やしました。苦労が実って採用に至り、大きな喜びと自信を得ることができました。開発から導入まで約1年かかるプロジェクト開始を前に、ワクワクすると同時に身が引き締まる思いです。今後はシステムの知識をもっと深め、社内からの協力を得ながら、顧客により良い提案を行いたいと思います。
教育体制
文系出身者も安心の新人研修と、
充実の資格取得サポート
プログラミングの経験がなく不安でしたが、入社後2か月の研修でコンピュータやプログラミングの基礎知識を身に付けました。講師役の先輩社員は年齢の近い方が多く、わきあいあいとして、質問しやすい雰囲気でした。私のような文系出身の方も安心して入社していただきたいと思います。情報処理技術者試験の受験費用は会社が負担、合格報奨金も支給されるのでモチベーションが上がります。私は報奨金でテレビを買いました。
top arr