在庫管理・在庫削減〈SynCAS PSI Visualizer〉

〈SynCAS PSI Visualizer〉の概要

PSI_logo.png

セミナーのお知らせ

在庫管理・問題在庫の発見・過剰在庫の削減をサポート

〈SynCAS PSI Visualizer(シンキャス ピーエスアイ ビジュアライザー)〉とは、流通・製造業向けに開発された在庫状況を「可視化」するシステムです。
在庫状況を見える化し、販売・在庫状況の確認、PSIコントロールをサポートします。

こんなお悩みをお持ちの方々にピッタリです

全製品の在庫管理・在庫削減ができない

在庫管理イメージ

  • 製品数(SKU)が多すぎて、全製品の在庫削減/在庫管理に手が回らない
  • 製品数が多いとExcelでの管理には限界がある

回転率の低い不良在庫や問題在庫(過剰・欠品)を早期に発見できない

不良在庫に悩むイメージ

  • 製品数が多い場合、全製品を注視することができず、不良在庫(在庫回転率の悪化)を発見しにくい
  • 過剰在庫・欠品しそうな製品が早期に発見できず、対応が遅れる

偏在在庫の調整が大変

偏在在庫調整イメージ

  • 倉庫・工場など在庫拠点によって、保管してある在庫量が偏る
  • 在庫の多い倉庫から少ない倉庫への移送などが頻繁に発生し、移送コストが利益を圧迫する
  • 在庫管理担当者の業務も増加し、在庫管理の効率が悪化する

営業・工場・調達と連携ができない、計画の合意形成がスムーズにいかない

計画の合意形成ができないイメージ

  • 営業・工場・調達の担当者の協力が必須であるが、各々の在庫指標で在庫を判断する

PSIとは・・・?

PSIとは、P:Production(生産)/Purchase(調達)、Sales(販売)/Shipment(出荷)、Inventory(在庫)の略称で、適切な生産計画や在庫の適正化を管理するための方法がPSI管理です。
属人的な判断基準による管理ではなく、客観的な基準を基に管理を行う必要があります。
この、PSI管理の見える化・サポートするためのソリューションが〈SynCAS PSI Visualizer〉です。

PSI管理

PSI管理の流れ

 営業部門 

営業員イメージ

販売部門が、販売計画や見込みを立てる
 

 
 

arrow_right.png
arrow_down.png

 調達部門 

調達部門員イメージ

物流・調達部門が、在庫計画や仕入計画を立てる
 

 
 

arrow_right.png
arrow_down.png

 生産部門 

工場イメージ

生産部門が、販売計画や基準在庫、生産ロット数などから生産計画を立てる

PSI Visualizerの適応領域

在庫可視化ソリューションである〈PSI Visualizer〉は、サプライチェーン中の特に調達部門でのPSI管理をサポートします。
PSI監視の結果を販売計画へ反映させたり、需要予測のモデルを見直すことができます。
また、在庫状況が直感的に表示(サムネイル表示)されるので、発注・生産依頼時の部門間コミュニケーションを円滑に行えるようになります。

PSI Visualizerのサプライチェーンマネジメント(SCM)イメージ

PSI Visualizer 4つの特長

①在庫推移サムネイルによる複数品目の在庫状況を把握

複数品目の在庫状況がサムネイル形式で同時に表示されます。
製品数(SKU数)が多くても、全製品の在庫推移が見える化できます。

在庫遷移サムネイル

在庫遷移サムネイル(評価付き)

②26の在庫評価指標で在庫状況を客観的に判断

見える化した在庫状況を様々な指標で分析できます。
平均在庫水準とLT最大変動の差から削減できる在庫も判明します。

在庫評価指標

③Lacator機能で膨大な品目でも一括把握・分析が可能

平均在庫と累積販売の分布図で、在庫・生産状況の把握ができます。
グラフ内をドラックすることで、アイテムの抽出も直感的にできます。

Lacator機能

④アラートフィルタ機能で問題在庫を瞬時に絞り込み

設定した閾値で自動判別。欠品、または過剰(傾向)在庫の商品を背景色を変えて表示することで、素早く抽出することができます。

アラートフィルタ機能

在庫可視化事前評価サービス

在庫状況を事前に評価し、PSI Visualizer導入前のご検討をサポート

PSI管理には在庫可視化ツールが有効なのはわかったが、「自社のデータがどう見えるのか」「在庫の見える化ツールの有効活用ができるのかわからない」
といった課題をお持ちの方も少なくありません。

そういったお悩みをお持ちの方向けに、在庫可視化事前評価サービスをご用意しております。

サービスの流れ

①ツールとフォーマットのご説明

ご説明イメージ

在庫可視化ツールのご説明と併せて指定のフォーマットを説明します。
お客様にて販売・在庫・入荷データをご用意いただきます。

 
 

arrow_right.png
arrow_down.png

実際にPSI Visualizerへ投入

②データを分析

データ分析イメージ

いただいたデータを実際に投入し、在庫状況を分析致します。
分析結果を報告書へまとめ、後日報告会という形で提出致します。

 
 

arrow_right.png
arrow_down.png

約2週間

③分析結果のご報告

報告会イメージ

分析結果に関する「評価報告書」を提出・報告・及びツールデモをさせていただきます。

FAQ

Q.導入期間はどれくらいでしょうか。

A.本番稼働まで約2ヶ月程となります。
   ヒアリング後に、導入スケジュール案をご案内させていただきます。

Q.上申・稟議申請に不安があります。

A.期待効果、費用対効果も含めてご提案させていただきます。
  上申・稟議申請時のサポートもご提案時に致します。

Q.導入後、ツールを運用できるか不安です。

A.ご導入後の、運用サポートについてもご提案させていただいております。
  サポート体制等の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

Q.デモンストレーションをお願いできますでしょうか。

A.もちろんです。お気軽にお問合せください。

発売元:株式会社日立ソリューションズ東日本
SynCASは、株式会社日立ソリューションズ東日本の登録商標です。
PSI Visualizerは、株式会社日立ソリューションズ東日本の登録商標です。
その他記載している製品名や会社名は、各社の商標または登録商標です。

資料請求・ご質問・お問い合わせ

詳しい資料のご請求や、まずは相談したい場合などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

関連商品

bnr_Forecast-PRO.gif

TOPに戻る