生産管理システム〈Factory-ONE 電脳工場 MF〉

課題&解決策

製造業のお客様の、生産管理・受発注管理業務等でのよくある課題解決策についてまとめました。
貴社のお悩みごとに当てはまることがありましたら、それは〈電脳工場〉とNCS&Aのノウハウで解決できるかもしれません。お気軽にご相談ください。

課題

原価管理

発注仕入

生産計画

在庫金型

解決策

原価管理

【原価管理1】 “予算に対する実際原価をタイムリーに把握可能!”

課題

製番毎の実際原価タイムリーに把握できず、採算悪化に気付いた時には手遅れになっている

解決策

タイムリーに原価情報が把握できないため、製番が完了してはじめて採算割れが判明する問題を抱える企業も少なからず存在します。
〈電脳工場〉では、特定製番の材料費、労務費、外注費を予算、実績ごとに把握することが可能です。配賦を行なわない直接費は、リアルタイムに集計可能です。随時、予算に対する実績原価を把握することで、問題に対して、いち早く手を打つことが可能となります。

個別原価照会

リアルな原価把握 予実管理

個別原価照会イメージ

【原価管理2】 “製品毎の標準・実際原価の推移を容易に把握可能!”

課題

実際の製品原価がつかめないため、採算割れしている製品が存在しているか、正直分からない

解決策

得意先からの価格低減要請原材料の価格変動など、コスト環境は厳しさを増す中で、精度の高い実際原価の把握が求められます。
〈電脳工場〉では、実際発生したコストを作業指示ごとに集計することで、品目別に実際原価の集計が可能です。結果、標準原価に対し、製品ごとの実際原価の推移をグラフでわかりやすく確認することができ、採算割れ製品の割出しを支援します。

品目別原価推移照会

標準・実際原価計算

品目別原価推移照会イメージ

【原価管理3】 “工程別チャージ(賃率)、実際投入量に基づく、工程別実際原価計算を実現!”

課題

工場一律の工程単価、再投入や工程ロスの未反映のため、仕掛在庫の棚卸金額が正確に把握できない

解決策

設備投資額が多くなる金属素材加工業では、工程別チャージ(賃率)は一律ではなく、工程毎に大きく異なります。また、原材料投入量も基準値通りにならず、再投入や工程ロスを正確に計算する必要があります。
〈電脳工場〉では、歩留まりを考慮した原材料計算、再投入や工程ロスを含めた実際投入量に基づく原価計算を実現します。結果、精度の高い仕掛在庫の評価額を算出可能です。

原価計算イメージ図

精度の高い棚卸評価額を算出

原価計算イメージ図

【原価管理4】 “生産実績・会計実績を基に実際原価を即日自動計算!”

課題

毎月原価計算非常に多くの工数と時間がかかっている

解決策

毎月、各システムから抽出したデータをExcel集計し、原価計算に非常に多くの工数と時間をかけていませんか?
〈電脳工場〉では、生産実績と会計実績を確定、原価計算処理を実行することで、製品別費目別の実際原価を容易に算出し、データベースへ蓄積することができます。

【原価管理5】 “製品別実際原価計算で製品毎の利益貢献度を把握!”

課題

製品別原価がつかめず、儲かっている製品、儲かっていない製品の切り分けができない

解決策

月次や年次で上位売上製品の粗利率から製品毎の利益貢献度を把握し、販売戦略原価改善につなげることができます。

(例)
売上TOP10で粗利率の良い製品の販売を強化する
売上TOP10で粗利率の悪い製品の原価改善を図る

製品別利益貢献度イメージ(データ分析ツールを活用)

製品別利益貢献度イメージ

【原価管理6】 “費用別差異分析により原価の改善ポイントを把握!”

課題

原価計算結果が、コストダウンに反映されていない

解決策

費目(材料費、加工費、外注費)別に標準原価と実際原価の差異分析を行い、改善すべき製品の洗い出し改善すべき費目を明らかにすることができます。

(例)
原価差異の大きい製品を洗い出し、差異要因(歩留、作業時間、単価など)を改善する
(例)
製品単価では原価差異がなくても、費目別に差異が大きい製品を洗い出し、更なるコストダウンを図る

差異分析イメージ(データ分析ツールを活用)

差異分析イメージ

発注仕入

【発注仕入1】 “手配データの引用・取込み機能で煩雑な手配業務を効率化!”

課題

膨大な都度手配品の見積・発注業務に加え、仕様変更による手配変更も多発し、管理業務まで手が回らない

解決策

膨大な都度設計部品の手配業務に追従するので精一杯で、管理業務まで手が回らない……。
〈電脳工場〉では、「標準マスター取込み」「CSVデータ取込み」「過去実績取込み」などの手配データ取込みや、PDMソフト「BASE-Right」とBOM連携(オプション)することによって、膨大な購入品・加工品の手配業務を効率化します。もちろん、個別受注生産特有の「品番なし手配」、確定した図面から出図される「さみだれ手配」にも対応しております。また無償Web-EDIシステム「EDIFAS」を利用することにより、見積依頼・発注業務などの手配業務効率化に貢献します。

製番手配入力

品番なし手配 さみだれ手配対応 手配登録の効率化

製番手配入力イメージ

設計部門からの部品構成情報手配情報生産管理システムに連携させることで、手配業務のスピードアップ、効率化を実現します。新規データはもちろん、変更データも差分抽出し、生産管理システムに反映させることが可能です。

PDM連携

PDM連携で手配情報の変更もスムーズに連携可能

PDM連携イメージ

【発注仕入2】 “欠品状況や工程進捗遅れを即座に調査可能!”

課題

いざ製造に入ろうとすると、購入部品や加工部品が足りず製造スケジュールが遅れる

解決策

いざ製造に入ろうとすると部品や加工品が足りず、作業着手できないという話もよくうかがいます。
〈電脳工場〉では、組立作業前の欠品確認工程の進捗状況を「製番」を指定し、容易に確認が可能です。異常を目で見て確認し、ロス削減に貢献します。また発注カムアップ機能(オプション)で発注催促を行い、納品遅れを未然に防止します。

製番進捗照会

全体計画の俯瞰

製番進捗照会イメージ
【発注仕入3】 “簡易見積・受注管理システム「EDIFAS」でサプライチェーンを構築可能!”
課題

仕入先や関連会社への見積依頼・回答消込み納期回答依頼・消込み業務手間がかかる

解決策

EDIFASとは

生産管理パッケージ「Factory-ONE電脳工場シリーズ」を導入の製造業様が、自社の調達先に「EDIFAS」の利用を依頼し、専用のWEBサイトから簡単な登録作業をするだけで、短期間で発注元と取引先間の調達サプライチェーンを構築できるWEBを利用した簡易EDIツールです。簡易な見積・受注管理機能を搭載しており、見積履歴や受注残の管理などが可能です。

利用イメージ

サプライチェーンを構築可能!

EDIFAS利用イメージ
EDIFAS側入出力機能(抜粋)
1.見積管理
(1)見積依頼受信、(2)見積メンテナンス、(3)見積回答送信、(4)見積照会・印刷(PDF)
2.受注管理
(1)受注データ受信、(2)受注メンテナンス、(3)納期回答送信、(4)受注照会・印刷(PDF)
3.出荷管理
(1)出荷メンテナンス、(2)出荷照会・印刷
4.設定
EDI受注取込機能
EDI受注取込機能イメージ
受注照会
EDIFAS受注照会イメージ

生産計画

【生産計画】 “内示・確定オーダーの管理とスピーディーな計画立案を支援”

課題

変動する内示・確定情報に対し、手書きやExcelの生産計画では、変更・調整も限界

解決策

月々変動する内示、確定オーダーに対し、〈電脳工場〉では、内示・確定データを取込み在庫推移を考慮しながら生産計画を立案することできます。内示データをもとにした長納期品の手配計画立案、確定データに基づく製造指示計画立案を支援します。

生産計画入力(数量調整)

内示確定管理 長納期品手配計画

生産計画入力イメージ

製造指示計画では、工程・設備別に時間単位の計画立案が可能です。ガントチャートに表示された製造指示データをマウスで計画調整し、スピーディーな計画立案を支援します。

在庫金型

【在庫金型1】 “在庫をロット別に管理し、スピーディーなロットとレースを実現!”

課題

ロット毎の在庫ロットトレース別台帳で管理しており、登録や管理に手間がかかる

解決策

万が一の品質トラブルが発生した場合、どの原材料ロットを投入したか、また問題の原料ロットをどの製品ロットへ投入したかをスピーディーに特定することが求められます。
<電脳工場>では、指定した原材料、仕掛、製品でロット別の在庫管理が可能です。受入入力、作業実績入力、出荷入力にてロット番号を記録することで、スピーディーなロットトレースを実現します。

ロットトレース照会

スピーディーなロットトレースを実現

ロットトレース照会イメージ
【在庫金型2】 “金型の保管場所やショット数をきめ細かく管理可能!”
課題

金型の保管場所ショット数管理ができていない

解決策

〈電脳工場〉では、使用している金型の状態(保管場所・ショット状況)を登録することができます。製造品目の出来高報告より、理論値でのショット数を自動累積していきます。また金型の保管場所・補修履歴を参照することも可能です。

金型履歴入力

金型ショット数管理

金型履歴入力イメージ

進捗管理

【進捗管理】 “品番毎に複数工程登録可能な構成マスター”でシンプルなマスター登録、進捗管理を実現!!

課題

製造工程数が多く、工程ごとの進捗状況がタイムリーに把握できない

解決策

金属素材加工業では、多くの加工工程を経て、完成に至ります。
〈電脳工場〉の、製品の加工工程や投入原料を登録する構成マスターは、ひとつの品番に一工程だけではなく、ひとつの品番に複数工程を登録できるシンプルなマスター構造になっています。登録した工程ごとに指示オーダーを発行し、作業実績を行うことにより、どの工程まで完了したかを一目で確認することが可能です。

多段階構成照会(構成マスター照会)

シンプルなマスター登録

多段階構成照会イメージ
製番進捗照会

タイムリーな進捗管理

製番進捗照会イメージ

承認

【承認】 “電脳工場の機能に承認フローをシームレスに追加”

課題

受発注承認がアナログで、ルールの徹底ができていない

解決策

高額な受注・発注案件の処理が、口頭や事後報告の承認だけで本当に問題ありませんか?口頭では見落としがあったり、担当者の不正が無いとは言い切れません。
〈電脳工場〉受注入力画面発注入力画面承認機能を連携させる事で、受発注登録時に、承認者に対し承認依頼を行うことが可能です。しかるべき承認者に決裁されてはじめて請書や発注書の印刷ができるようになります。正確にミス無くチェックが行え、不正の可能性を無くし業務ルールを徹底する事ができます。

受注承認連携イメージ

業務ルールの徹底 不正・ミス防止

受注承認連携イメージ

 

※電脳工場は、株式会社エクスの登録商標です。
※その他、記載している会社名、および、製品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

資料請求・ご質問・お問い合わせ

詳しい資料のご請求や、まずは相談したい場合など、こちらからお気軽にご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ資料請求

生産管理システム〈Factory-ONE 電脳工場 MF〉

電脳工場ロゴマーク
Webセミナー 
次回をお楽しみに!!

TOPに戻る